読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unfortunated odaiji

僕の残念はみんなの微笑み。生活にちょっとした「クスッ」を。

謝罪を受け入れて仲直りをすること


スポンサードリンク

良く知らないけれど、裁判とか国会とかであるのかな?

 

「発言を訂正します」

ってやつ。何らかの理由で間違った発言や失言をした人が「訂正」すると、それは正式なログではなくなる、みたいなやつです。

 

あれって、最終的な記録には残らなくなるんだろうけれど、でも訂正前はこうだったという記録だとか、その時いた人や見聞きした人の記憶には残っているわけですよね?

口喧嘩

 先日ちょっとしたいさかいというか、口喧嘩というか。

まあFacebookのDMだったので、メッセ喧嘩っていうんですかね。やっちまいましてね。なんとなく流れ的には相手がわるいってことで決着っぽい何かはついているんだけれど。

 

あんまり言い合っても炎上になることはわかってたので、こちらからは話しかけないようにしたんです。最後に相手から「ごめん」ってあった状態。

そんときは、まだ言い足りなかったから、そのばで「いや、いいよ」とは返事できなかったのね。罵るなら黙った方がいいな、って感じ。

ばったり会った

その時から時間が経って怒りも収まって来ているんだけれど、そんなときにその相手とばったり外で出会いましてね。

 

で、その時に改めて謝罪を受けつつ、元通りのお友達に戻りたいというお話を聞きました。

まあ僕も、すでにそんなに怒っていないわけでうん、そうだねって会話をしたんだけれど、同時にこんなようなことを言っちゃった。

 

「僕はこれ以上謝られてもそれで怒りが急速に収まるタイプでもないし、まあ普通にしてようよ。もう少したったら大丈夫だから。」

 

まあそれでも謝罪を頂いて、うんうん分かりました。っていう感じでその時はお別れしたんですけれど。そこでふと思ったのが冒頭のこと。

許すことと仲直りすることのステージの違い

相手の人の「すまない」って気持ちはうんと伝わってくるし、そのこと自体はもう許していると思うんだけれど、それと

以前と同じように仲直りする

って、別だと思うのよね。ステージというかレイヤーというかが違うというか。

全然分析できていないんだけれど、相手の気持ちは正面から受け止めつつも、まだそもそも言われたことがどこかに引っかかっているんだろうな、と思う。

今度はいつ言われちゃうんだろう。

みたいなね。恐れに近いのかもしれない。

 

だから、心の中で許してるけれど、じゃあ飯食いに行くか!飲みに行くか!というともう一つ何か引っかかっていて。

 

それって、多分言葉でも金品でもそういうもので回復するんじゃなくって、なんかやっぱり時間のような気がしているんです。

 

で、僕って結構その許してるけど遊べない的なステージが長くて、遊ばなくても大丈夫な時間がとても長い。なんというかそれが悪いなあと思ったり、思わなかったり。

そんな感じなんで、のんびり付き合ってください。