読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unfortunated odaiji

僕の残念はみんなの微笑み。生活にちょっとした「クスッ」を。

アルキニスト


スポンサードリンク

運動の習慣化なんて簡単だよ。何回もやってるからね。

 

※禁煙なんて簡単だよ、何回もやっているからね。のパクリです。詠み人知らず。

 

2年ぶり28回目の習慣化なんて、回数でいったら甲子園に出てくる明徳義塾みたいな感じだけれど。2年ぶりでもないけれど。とにかく、ちょいと久しぶりにウォーキングの日課を復活させた。

 家の近くには公園があってね。

朝も早くに歩くと早朝野球をやっている元気なお父さん・お兄さん。それを応援するお姉さん。のんびり散歩している老夫婦。ペットを連れて、ペットに連れられて歩くお兄さん。すらっとして体づくりをしているジョギング中のお兄さん・お姉さんがいたりする。とてもさわやかで、普段残念なことばっかりに巡り合っている僕ですらなんだか幸せになっちゃう気がするんだよ。

 

公園は野球場があるおかげで、そのプラスαを歩くと1周約600メートルっていうコースがある。そこを走ったり歩いたりしている人たちがいるんだよね。僕は歩いているんだけれど。

 

歩いているだけでもいろいろある。

 

ジョギングしているお姉さんに見とれて植木の中に入りそうになったり。

大きな犬に吠えられて本当に体が飛び上がったり。

やったら奥様と思われるおばあさまを罵倒する残念なおじいさんを見かけてげんなりしたり。

手をつないで歩いてるカップルを目の当たりにして自分の独り身を嘆いたり。

 

でも、でも。それを含めて僕の脂肪は燃焼され、カロリーは消費し、夜のとんこつラーメンの余地が出来上がっているのだ。

 

ま、一度習慣化すると朝だか夜だかはわからないけれど2か月くらいは持つんだよね。歩いている間にブログのネタ考えてたりイベントのテーマを考えたり、無心になって体だけ動かしていたり、案外楽しいもんなんだよ。もちろん、ジョギング中のお姉さんもいるしね。

 

さて、じゃあまたウォーキングへ行こうかって家を出るときがあってさ。口が酸っぱくなるほど言ってるけど意識の高い僕は運動記録アプリを立ち上げたの。GPS使って移動した場所や距離を記録して、今日は1時間で何キロ歩きました、みたいなのがどんどん記録されているやつね。

 

起動してみて気づいたよ。前回の運動時間が17時間を超えているんだわ。あれ?昨日の昼に歩いたやつって止めてなかったっけ。

 

17時間で10キロくらい歩いていて、これは健康的なんだか不健康なんだかもさっぱりわからなくなって。で、まあいいやと思ってそのまま放って歩き始めたよ。

公園についてベンチとかがあるところにまず行きましたよ。周りの人はベンチや器具を使って筋トレとかストレッチとかやってる。

何を思ったんだか、そんな人がいるときにそのアプリをふと止めようと思ったのよね。

 

そしたら、アプリの音声が流れちゃうわけ。

 

うろ覚えだけれど。

『ジカン ジュウナナジカンナンビョウ』

(いやいや、言わなくていいよ!)

『キョリ ジュッテンナンキロ』

(あれ、サウンド切ってるよね?ボリュームも小さかったよね?)

『キロ アタリ ナン プン ナン ビョウ』

(いやいや、赤ちゃんのはいはいの方がはやいくらいのスピードだし!)

 

もうね、周りの人の「聞こえているけど聞いてないふり」の表情が恨めしい。

 

なので、決めましたよ。僕は一度セットしたら垂れ流し的に移動記録を保存する「Moves」だけでいいやってね。

 

さ、歩こうっと。

 

『ワークアウト カイシ!』

 

あれ、音声切れてねえじゃん!