読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unfortunated odaiji

僕の残念はみんなの微笑み。生活にちょっとした「クスッ」を。

正しいルール


スポンサードリンク

いつだって、ルールを守ることは大切だ。ねえそう思うでしょ?

 

憲法があったり、法律があったり、条例があったり、お店ごとのルールがあったり。

 

それは、憲法で「二度漬け禁止」っていう串カツのルールを書くわけにはいかないから、一つ下の法律へ。

 

で、法律でも「二度漬け禁止」を書きようがないから条例へ。

 

うーん、大阪の条例なら「二度漬け禁止」って書いてもいいかな?でもダメなんだろうなぁ。

 

で、串カツやさんのルールとして「二度漬け禁止」って書くわけだよ。

 

そんなお店のルールを巡って悲劇直前の出来事が起こった。

 「トイレをご利用になる際には店員にお声がけください」

 

これ、なんだか知ってるかい?世の中に精通している人ならぱっと見でわかる、コンビニでのトイレの利用ルールだよ。変な人が困った使い方をしないように、いろいろな見せで張り出している。

 

こないだ、神戸に旅行に行ったときにもコンビニにこれが張ってあってね。小用を済まそうと思った僕はトイレの空きを確認してから店員さんを探し、声をかけたんだ。

 

「トイレ、お借りしてよろしいでしょうか?」

 

「行っトイレ」

 

・・・とは店員は言わなかったけれど、快く貸してくれた。

 

コンビニのトイレ利用時のマイルールは、こうだ。

 

1)トイレ利用前に、店員にちゃんと申告すること

2)トイレ利用後は、税込み108円(2015年現在)程度の商品をそのお店で購入すること

 

コンビニに「私のトイレだけが目的だったのね!」ってなじられてはいけない。僕は紳士だから。

 

なんてことを考えながらトイレに向かおうとしたら、あれですよ。店に入ってきたおじさんがダッシュでトイレにinですよ。ダイレクトです。直接FKです。

 

どうやら。

 

そのおじさんは大き目な用を足しているらしい。

 

一度店員に許可を得ている僕の心は緩んだから、我慢が効きにくい状態になっていてね。一度緩めた気持ちがなかなか締まらないこと、あるでしょ?あれですよ。つらみ。

 

・・・・

 

そのおじさんの時間帯が長く感じられて仕方ないんだ。たぶん8分は入っていたんじゃないかと思われる。なぜって、ヘッドフォンで聞いていた音楽が2曲くらい終わったからさ。

 

いや、順番を考えたら僕だろう、と思ったよ。

いや、全体効率を考えたら僕だろう、と思ったよ。

 

僕の我慢を1小用、おじさんの我慢を1大用という風に定義づけよう。1大用は3小用と仮定する。

 

先におじさんがトイレに入り、8分の大を僕が我慢するのは1小用×8分で、8小用分。

先に僕がトイレに入り、1分半の小をおじさんが我慢するのは1大用×1.5分=3小用×1.5分=4.5小用分。

 

わかる?僕が先に入った方が3.5小用分の全体最適になるわけ。仮に1大用が5小用だとしても、7.5小用分で僕が先に入った方が有益なの。

 

あーもーどうでもいいから早く出てよ!

 

と思っていたらやっとおじさんが出てきて僕も天国の時間帯へ。ありがたいねコンビニ。日本最高。

 

そのおじさんがどうしたかはわからないけれど、1.5分後、現世に降りてきた僕がコンビニを見渡しても、レジなどにはいなかった。そのまま帰っちゃったかな。

 

それでも僕はこれからもルールを守り続けるよ。たとえ膀胱に多大なストレスを与え続けたとしても、ね。